DHAやEPAのサプリメントでコレステロールを改善

DHAとEPAはコレステロールを低下させる効果があるといわれ、サプリメントとしても人気の商品となっています。たくさん含まれているのは、イワシ、サバ、マグロなどの青魚だそうです。効果的に学習力や記憶力を良くしたり、アトピー改善、視力低下をなどにも有効なものだといいます。サプリメントでなく食事で摂取することも可能ですが、毎日確実に補給するにはサプリメントが便利で手軽です。血栓をできにくくする作用があり、動脈硬化を防ぐことができるのがDHAやEPAの特徴です。DHAやEPAには、悪玉コレステロールを減らし、血液をさらさらにする効果があるからだと言われています。コレステロールには善玉と悪玉があります。血管の壁にくっつきやすくなり、動脈硬化などを引き起こしてしまうのが、悪玉コレステロールが過多になってしまった場合です。いろいろな健康に関する効能がDHAやEPAにはあることがはっきりしたので、たくさんの会社が最近サプリメントを作って売るようになってきました。コレステロールを増やさないために、油の多い魚は避けた方がいいのではないかと考える人がいるようです。さまざまな種類の脂肪が魚や肉に含まれているので、体の中でどんな働きをするかは少しずつ異なるものです。コレステロール改善のためにもDPAやEPSを含むリノール酸は、サプリメントなどで積極的に摂取していきたいものです。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ