薬とサプリメントの飲み合わせ

普段からサプリメントを飲んでいるという人は多いですが、サプリメントと薬には飲み合わせがあります。サプリメントは、日頃の食事だけでは欠乏しやすい栄養素を手軽に補給することができるものです。持病などがあり薬を飲んでいる人がサプリメントを摂取する場合には飲み合わせに気を付けたほうが良いでしょう。

薬とサプリメントの飲み合わせが良くないと、効果が弱まったり、強くなりすぎたりします。ワーファリンは、脳こうそくや心筋こうそくの治療のために使う血液凝固剤です。クロレラや、納豆に含有されているビタミンKは、血液凝固因子を体の中で作りだすために必要になる栄養成分です。ビタミンKとワーファリンを併用すると、体内でビタミンKがワーファリンの効果をストップさせてしまいます。結果的に、ワーファリンの効果が弱まってしまうのです。日頃薬を飲んでいるという人は、新たにサプリメントを飲み始める時には、主治医に話を聞くことが大事です。そうはいっても薬と薬の飲み合わせと違い、サプリメントとの飲み合わせに詳しい医師や薬剤師はまだ少ないのも事実です。サプリメントメーカーによっては、薬とサプリメントの関係について電話で問い合わせると教えてもらえるサービスがあります。医薬品ごとに、自社のサプリメントと一緒に飲んだ時に体にどんな影響が出た事例があるかが細かくまとめてあって、間をあけて飲む時の時間や、薬の効果の変化などがまとめられているというものです。医師などから処方された薬を飲んでいる人は、サプリメントを飲んでも不都合がないかを調べておくことが大事です。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ