肥満予防に役立つ方法とは

肥満の予防には、何をすれば効果的でしょうか。食事の摂取カロリーを減らしたり、毎日適度な有酸素運動をするというイメージがあるようです。食事などで摂取するカロリー量が、運動や活動で消費するカロリー量より多くならないようにすることは基本事項です。摂取カロリーが消費カロリーよりも上回ってしまうと体重が増えてしまうので結果として肥満になりやすい状態になります。

肥満を予防するためには、摂取カロリーを制限することが重要になるものです。摂取カロリーを抑え過ぎてしまうと、体が緊急事態と判断してカロリーをあまり消費しないようにする機能が働いてしまいます。消費するエネルギーを節約することで、体を維持しようとするのです。これは人間が持っているホメオスタシスという機能が関係しており、カロリーの低い食事をてしいると起きやすいものです。人の体にとってみれば、エネルギー供給が途絶えることは由々しき問題です。入ってくるエネルギーの全てを蓄えようと体が自然と消費するエネルギーをセーブしようとします。このような状態の時は、人の体はリバウンドをしやすいコンディションになります。摂取カロリーだけを抑えるような方法は、肥満予防の為には良いといえない訳です。食事を減らすだけでなく、効率的な運動も含めることで、ホメオスタシスが働きにくい状況を作りましょう。それが肥満の予防に効果的だと言われています。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ