リバウンドで体重が増える原因

リバウンドとは、食事制限などで落とした体重が、また元の状態に戻ってしまうことです。リバウンドさせずに、体重を減らしたままにするいい方法は存在するものなのでしょうか。ダイエットのために食事制限をすると、初めのうちはどんどん体重が減っていく実感が得られますが、それ以後は急に体重の減少か鈍化してしまいます。

人の体にはホメオスタシスという機能が備わっていて、これが働くと1カ月ほどの停滞期に入ります。人間の体は、摂取するカロリーが少なければ、消費するカロリーも減らしてつじつまを合わせようとします。ダイエットのために食事制限をすると、少ない食事量でも生きていけるように体が消費エネルギー量を調整するので、体重が減りにくくなります。停滞期の状態で食事を元どおりに戻しても、体は停滞期のままで、エネルギーを使わないようになっています。代謝が下がり、停滞期になっている時にダイエットをする前のカロリー摂取量で食事をすると、カロリーが使い切れなくなって前より多く余ります。ダイエットを続けていると、満腹感を感じにくくなります。人間の体内には、脳に満腹信号を送るレプチンという物質があります。ダイエット等のために食事の量を減らしていると、体の中にあるレプチン自体が少なくなってしまいます。体内のレプチン量は、普段通りの食事にもどせば元どおりになりますが、1カ月くらいのタイムラグがあるのです。レプチンの働きが再開されていない状態で食事をダイエット前のものに戻すと、満腹するまで必要な分量が多くなってしまいます。リバウンドで体重が増える背景には、こういった理由があるためです。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ