60代での薄毛の悩みとよくある症状について

肌と同じように髪も年齢を重ねるごとに細胞の老化が始まって、徐々に毛包が減少していってしまいます。加齢による薄毛の悩みは30代後半頃から始まりますが、60代以降の女性にこうした薄毛の悩みやその症状が多くみられます。女性の薄毛には女性特有とも言える生活習慣やホルモンバランスの影響など原因が多岐にわたっているのが特徴で、症状にもいくつかの種類があります。

60代の女性に多くみられるのはびまん性脱毛症です。女性型脱毛症や老人性脱毛症とも呼ばれ、髪自体が細くなったり、毛髪が抜けて薄くなり髪全体のボリュームがなくなっていってしまうものです。細胞の老化が原因とされ、細胞の老化や動脈硬化による血液に循環不善によって徐々に、毛穴が減少してしまいます。加齢が大きな原因ですがその他にもストレスや過度のダイエット、過度のヘアケアなどによって引き起こされることもあります。60代になると閉経している人が多くエストロゲンを分泌していた卵巣も萎縮して女性ホルモンがほとんど分泌されません。そのため食生活を見直して、良質なタンパク質やビタミン、亜鉛と言った健康な髪を作り出す栄養素の他に、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを毎日の食事に取り入れるようにすると良いでしょう。ベルタ育毛剤が合わない

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ