自動車保険の特約

自動車保険の特約を付ければ、さらに手厚い保障が付けられます。自動車保険の保障を変えたいと思って、条件を変えたり、他の保険に変えることもいいかもしれません。しかしそれよりも保険料を抑えることができる事として、特約をつけるということがあります。たとえば、子供特約という特約があります。

これは子供が運転免許を取得したときに、子供も車を共有することになる人は多いでしょう。その時に起こしてしまった、子どもの事故も保障してくれる特約です。年齢条件を無制限にするという方法もあるのですが、無制限にしてしまうと、保険料が上がりますから、条件を変えるより特約をつけた方が節約可能です。そして年齢条件を設定していて、たとえば30歳未満不担保になっているのに、30歳未満の人が運転するという可能性がある場合は、こちらも年齢条件を変更しなくても、臨時運転者特約を付けておくといいと思います。家族や従業員以外の第3者が乗る場合に便利な特約です。自動車保険の特約として多くの人が付けているのが、ファミリーバイク特約です。これは自動車以外に125cc以下のバイクを持っているなら、そのバイクに単品で保険をかけなくても、自動車保険の特約という形でつけることができますから、保険料の節約になります。何台バイクを持っていても適用されますし、借りているバイクだった場合でも、保障の対象になります。保障内容は、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険となっています。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ