住宅ローンが返済不能になったら

住宅ローンを組んで返済しながら家を購入する人が多いようです。返済の途中で住宅ローンの支払いができなくなってしまう人が増えているようです。途中で支払えなくなってしまう理由は、住宅ローンの返済プランが最初から無理があるものであったのに加えて、会社を辞めたりして収入が減ってしまう事態が重なることです。収入の大黒柱が入院した、共働きによる収入がたたれた、給料が減った、など、返済ができなくなる要因はいくつもあります。借入金額が多すぎて、突発的な出費のときに支払いができなくなってしまうこともあります。低かった金利をあてこんでローンを組み、その後金利が上昇したために返しきれなくなった人もいます。人生は何が起こるか誰にも分からないものです。万が一、住宅ローンが返済できなくなってしまった場合の対処法も知っておいた方が良いといえます。今後の住宅ローンの支払いに不安を感じたら、その時点で借入先に相談に行くことが大切です。先延ばしにするのは愚の骨頂です。返済が遅れればその分返済額は増えていきますし、住宅を手放すことでしかどうにもならないという事態になりかねないからです。にっちもさっちも行かなくなる前に銀行に相談できれば、借り換え策などで返済の見通しが建てられます。早めの相談が吉です。30年の借り入れで5年後に借り変えをした場合、通常は25年以内の返済期間になりますが、中には返済期間を延長して借り換えができる銀行もあります。当然ながら、返済期間が長くなればなるほど利息も増えます。それでも毎月の返済に払う額は減らせます。住宅ローンを組むときは途中で何かあっても返済ができるようにあらかじめ様々なリスクを想定して、最適な住宅ローンを選択することが重要です。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ