ローンの借り換えと審査

ローンには審査がつきものです。借り換えローンに際しても、審査で借りられるかどうかがわかります。ローンの借り換えは、融資を行う側もリスクを抱えることになりますので、審査はより念入りに、一般的なローンよりもハードルが高くなります。住宅ローンで言えば、これまで3年~5年の返済遅延がある人は信用が低く判断されますし、他社から借り入れたローンの返済途中という人も、金融機関からは警戒されます。

審査では、信用情報会社に照合をすることで、ローンの返済トラブルを起こしたことがないかなどが確認されます。借り換え時の審査では、担保を使う場合はその評価額がどのくらいになるかも確認されるでしょう。借り換え時に担保を使う時は、担保の価値がどのくらいかも確認されます。借り換えを希望しているものの、以前と比較すると大幅に中古住宅の価値が下がり、担保割れしていることもあります。担保割れが原因で、ローンの借り換えに断られたりもします。希望する金額の融資が受けられないということもあります。その条件で折り合いをつけるか、別の金融機関から借りようとするかの二択になります。この頃は、金融機関側も担保割れに配慮して、担保評価額の200%までを融資金額に設定してもいいという金融会社も出てきているようです。一軒目の金融会社と折り合いが合わずに、融資が受けられないこともあります。一社の結果が思わしくないものでも、条件のいい借り換えローンを見つけることもできるでしょう。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ