看護師の勤務体制

看護師の勤務体制は、他の職種に比べるとかなり特殊な上に、職場によっても変わってきます。職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという病院が大半です。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。看護職の人がジョブチェンジするやり方は、最近ではインターネットを利用するのがマジョリティと言えるようになってきました。ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、金銭的な負担もなく、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を確認することができるのです。転職活動が実を結ぶようにするには、リサーチが重要ですので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料が上がる率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ