看護師の勤務

看護師の夜勤は、16時間などの長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。国の指針では、月に8回までとされていますが、それ以上になってしまうことも多いです。勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健指導をしたり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワーク等で見つけるのは無理かもしれません。興味のある方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。そういうサイトなら、産業看護師の募集もたくさん掲載されています。看護師の勤務しているところといえば、病院と想像するのが普通でしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の職務です。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。特に看護師は仕事と子どものことの両立が困難なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、休みの日が多い職場で働いたりすることが選べると良いですね。子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多くいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探すことを勧めます。看護師の資格を得るためには、何通りかの方法が考えられます。看護師免許を取得するには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは受験できません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習することが必要なのです。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ