税金のクレジットカード払いの注意点

クレジットカードを使って税金の納付が可能なケースがふえてきています。納めなければいけない税金なら、納得のいく払い方ができれば最善です。クレジットカードでの支払いとなるのですが、デメリットもいくつかあります。自治体によっては、現段階ではまだクレジットカードでの税金納付ができないことがあります。また、クレジットカードで支払う場合は、手数料が税金に加算されていることがあります。手数料で315円が必要になる場合、クレジットカードの還元率によってはあまり得にならないこともあります。払いこむ税金が自動車税で、料金が3万9500という場合、0.5%のポイントがつくなら197、1%のポイントは395という形です。もしもカードからのポイント還元率が1%より少ない場合、手数料が315円かかればポイントでの相殺は難しいでしょう。ネットで支払い手続きができるなどのメリットもあるので利便性重視であればクレジットカード払いはおすすめです。万が一にもクレジットカードをなくしてしまった場合に困るというのが、クレジットカードの孕む欠点です。紛失などのトラブルが発生するとすぐにクレジットカードの機能を止めなければいけないので、結果的に税金の納付手続もできなくなってしまいます。税金のクレジットカード払いにはメリットとデメリットがありますのでよく検討してから利用するようにしましょう。

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ